CX-5のことが分かるサイト

CX-5のことが分かるサイトです

CX-5とは何か?マツダを代表するクロスオーバー

CX-5とは何か?と言えばマツダ車の中でも特別な位置付けにあると言えます。

マツダは近年経営不振にあえいでいましたが、CX-5によって業績を回復させたと言っても過言ではありません。

確かにデザイン面での見直しも大きかったとは言えSUVというカテゴリーに着目して現代的なクロスオーバー車をいち早く開発して投入した意味は大きいと言えます。

以前まではRV車やクロカン車がSUV市場では主流で一般的な自動車ユーザーにとっては購入対象外であったカテゴリーです。過去にRV車ブームがあったもののそれはかなり昔のことですよね。

SUVというと非常に大型で燃費が悪い車種ばかりだったのですがマツダCX-5に見られるように現在では燃費も非常に改善されています。10km/L以下の実燃費が当たり前という方ゴリーにあって、ディーゼルエンジンを搭載したCX-5は15km/Lを軽く上回ります。これはSUVとしては非常に良い数字で従来のイメージを完全に払拭したと言えます。

またデザイン面でもランクルのような物々しさはなく都会的なスマートで洗練されたイメージが印象的です。それによってセダンから乗り換える人が多くあって今セダンに乗っていた人たちの乗り換え需要をSUVが担うまでに至りました。

これはSUVのカッコ良さやユーティリティ性が認められたことが要因でしょう。

今やSUVが自動車の主流になりつつあります。非常に驚くべきことでしょう。日本でもその傾向が顕著でありその牽引役の一つがマツダCX-5であったということは言えると思います。

CX-5は国産SUVでは最も美しい車だ

CX-5の特徴としては国産SUVでは最も美しい車だということを個人的には思います。

個人的にというのは人によっては違うんだろうなということは言えますね。

ただCX-5以外にカッコいいSUVというのは中々無いと思います。

国産車はどちらかと言えば野暮ったいデザインがなぜか多く洗練度が低いです。

それは実用面を重視していたりデザインにお金を掛けない傾向があるのかもしれませんね。

デザインだけ凝っても中身が伴わないと外面ばかり良い車が出来上がってしまいます。国産車は中身を重視することが多いです。中身と言っても車の速さとか馬力という方面ではなく、実用面で例えば居住性や燃費や使いやすさということを重視しています。

CX-5もそういった実用面を軽視している訳ではありません。従来どおりの国産車の良さが多くありますしその上でデザイン面や質感の高さを追求した稀有な存在です。

それでいてライバル車のハリアーより車体価格が安く設定されていて装備の割にはリーズナブルというのも魅力的でしょう。

安全装備も年々レベルが高まり標準装備当たり前

 

CX-5の安全装備もレベルが高いものとなっています。

衝突回避支援システムやクルーズコントロールシステムも年々改良が加えられていて世界レベルでも非常に高い水準にあると言えます。

また全車標準装備が当たり前になってきていてCX-5もほとんどの安全装備が標準装備です。

最近は恐ろしい事故が増えている世の中ですからCX-5のような大きくて頑丈な車は不意の事故にも強いと言えるでしょう。小型車に乗っていれば大変な損害・怪我を負っていただろうという事態だったとしてもCX-5ならそれよりも軽症で済む可能性は高まるでしょう。

次期型は6気筒FR化なのか!?

早くもCX-5の次期型の話はあるようです。次期型は6気筒のFR車という話もあってついにアテンザベースの車になる可能性が高まっています。現行車は先代のアクセラベースの車で当然ですがFF車となっています。

FR車になる利点というのはいろいろあるのですが何を狙っているのかというのはCX-5(アテンザ)の高級化だと言えます。高級車は軒並みFRベースでFRレイアウトというのは操作性や運動性が高まる仕組みであると言われています。曲がりやすかったり思ったとおりに操作できるようなイメージでしょうね。

これは車の作り方にもよるので必ずしもFFよりもFRの方が優れているという訳ではないのでしょうがFR=高級車という図式は確実にあるでしょう。国産でFRベースの車種というのは今ではほとんど無く高級セダンに数える程しか残っていないのが現状です。また残存するスポーツカーはやはりFR車ですね。

CX-5にFRレイアウトが必要なのか?と言えばそうでもないように思えます。CX-5はそんなに速く走りたい人が乗る車ではないですしFFのままでも特に不具合はないでしょう。6気筒エンジン化も車体価格高騰を引き起こします。

FR化のメリットとしては唯一さらに車のプロポーションが改善されるということはあると思います。欧州高級車と日本車では見た目が何か根本的に違うと感じる人も多いです。これはFRレイアウトだからということもありますね。FRレイアウトであるとオーバーハングが短く設計できてプロポーションが良くなります。

いずれにせよ次期CX-5の確定情報が出ないことには何とも言えないと思います。しかし確実に今のCX-5よりカッコ良くなり更に自動車性能も上がるでしょうからこれは凄い車になりそうです。

車買取 岩手