CX-5のことが分かるサイト

CX-5のことが分かるサイトです

CX-5は商品改良が多いのでいつ買ったら良いのか分からないというのは嘘

time 2019/03/14

CX-5は商品改良が多いのでいつ買ったら良いのか分からないというのは嘘

CX-5は商品改良が多い車種です。これは本当です。

2017年2月に2代目のCX-5が発売されて2年弱ですでに3回程度の商品改良がされています。

「商品改良」というのはマツダでは不定期にされる一部改良のことで大体の車種では年次改良がなされていますが、最近のマツダは不定期でやるべきと思ったら「商品改良」をしてきます。

そういうことで今後もどの車種でもいつ改良されるかは不透明です。

CX-5は商品改良が多いのでいつ買ったら良いのか分からないというのは嘘

CX-5は商品改良が多いのでいつ買ったら良いのか分からないという声まであります。

これはしかし言い過ぎではないかと思います。

最近のマツダ車に限らず初期型は見送った方が良いのですがその後の年次改良や商品改良を経たあとのモデルはいつ買っても良いだろうと思います。

一番熟成されるのは末期モデルになりますが、末期なのですぐ新型になってしまいます。最近の人気車種は5年サイクルくらいで新型になってしまうので追っかけるのは大変です。新型になると魅力的ですから、なるべく早く買った方が実際は良いです。

そういったことでベストなのは初期モデルをパスした後のモデルでしょう。

リセールが問題ではないのか?

最近のマツダ車はリセールがよくなったマツダ地獄じゃないという意見がある一方でCX-5のように商品改良が多いのですぐ古くなってしまい実はリセールも悪くなりがちだという意見もあります。

どちらが本当なのかと言えば以前よりもリセールは良くなったのは間違いありません。CX-5は人気車ですしそこそこ中古車でも高く、ナンバーを付けると半額になるといった不人気車ではなくなっています。

またリセールを気にする人というのは3~5年乗ってすぐに乗り換える人で言ってみればモデルチェンジの度に買い換えるようなイメージの人限定の話です。10年以上乗ればリセールは期待できませんが3~5年でコロコロ乗り換えるよりはずっと経済的です。

普通は新車で買ったら10年は乗るという方ばかりでしょうから商品改良が多いからリセールが落ちるのは心配だわと変な心配する必要は一切ないと思います。

そういう情報というのは車をよく買い換えるような特殊な人に向けての情報になっていますので、昭和感が強い感性の人が書いた話なんだと言えます。最近ではそういう人は少なくなっていますから余り気にする必要性がそもそもありません。

夢のエンジン、スカイアクティブXは搭載される?

MAZDA3やCX-30にスカイアクティブXという夢のエンジンが搭載されることが話題になっています。

夢のエンジンというのはガソリンエンジンとディーゼルの良いところどりをしたということで環境性能も良く走行性のも高いという全く新しいエンジンです。日産のe-Powerとはわけが違うということで素晴らしいですね。

しかし最も話題になっているのはその価格です。

MAZDA3のスカイアクティブXの価格は314万円から!CセグのハッチバックのエントリーモデルのFF車でも300万円を超えるのでこれはMAZDAはやっちまったなとある意味で話題となっています。

最高グレードは360万円ということですから恐れ入りました。アテンザも目じゃないといった価格設定で車すがMAZDA3は車体は全長が4500mmより小さいコンパクトカーですからねぇ…。

これをもしもCX-5に載せたらどうなるでしょうか?

これはちょっと予想するのは難しいですが350万円~400万円スタートになりそうですね。

スカイアクティブXについては発売される前からその仕様やリコールについての心配の声が上がっているので初めにMAZDA3で試すというのは間違いではないと思われます。

ただ最低でも314万円ですから総額ですとまあ350万円を超えると言えます。果たして買う人がいるのかは疑問符が付きますが、CX-5にも次の商品改良で載る可能性はありますね。3年目の商品改良がマイナーチェンジ相当の改良になり、外観にも手を加えられてスカイアクティブXグレードも販売されるであろうと予想されます。

down

コメントする