CX-5とライバル車を比較

CX-5とホンダCR-Vではどちらが良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CX-5とホンダCR-Vという車種比較ということですがどちらも良い車だと思います。

CX-5はご存知のようにガソリン車2.5L(2.0L)と2.2Lディーゼルターボ。

価格帯は246万~352万円程度

CR-Vは2.0Lの2モーター式ハイブリッドと1.5Lターボ車です。

価格帯は323万円~436万円程度

以上のようにCR-Vは明らかに高いです。

価格勝負ではCX-5だ

CX-5とCR-Vではブランド力では大差がないと思います。

どちらも実用的で質感が高めな車種という認識で間違いないでしょう。

価格だけ見るとCR-Vの方がクラスが上の車種に思えますが、大体同じようなクラスの車ですよね。

それでは何でこんなにCR-Vは高いのかと言えばこれは装備を載せすぎたからと言われています。

また普通のガソリン車がCR-Vには無くターボ車かハイブリッド車かの選択肢になっているので基本的に高いということになっているのでしょう。

しかし実用車のミドルクラスのSUVで安くても350万円以上の総額支払いになるわけです。これではちょっと日本では買えないのでは?と思います。

質感は同じくらいで価格はずっと上のCR-Vを買うくらいなら、CX-5の最上級グレードを買った方が質感が高まりますので価格勝負では話にならないと思いました。

CR-Vの1.5Lターボは評判が良いのはなぜ?

CR-Vの1.5Lターボはなぜか評判が良いです。

シビックハッチバックも1.5Lターボですがこちらは英国製のためなのか欧州仕様のエンジンでハイオクじゃないと駄目なんですね。日本でもハッチバックが好評で販売されていますが英国製を輸入してハイオク仕様になってしまっています。

それに比べるとCR-Vの1.5Lターボはレギュラー仕様でしかも190ps(240Nm)の高出力なチューニングになっているため数字だけを見て「これは良い」と言っている人が多いのだと思われます。また1.5Lで自動車税が安いのも良いと言っている人が多そうです。

しかしCR-Vの1.5Lターボが売れているかと言えばさっぱり売れていません。ネットでホンダの1.5Lターボをべた褒めしている人達は買っているんでしょうか?いや買ってないと思いますね。

1.5Lの割には非力ではないという評価は正当だと思いますがやはり車体価格の高さがネックで評判だけで売上には繋がっていないようです。

CX-5には2.5Lターボがありますし230ps(420Nm)と当然ですがCR-Vの1.5Lターボを上回る出力があります。ターボが欲しければCX-5にもあります。

また値段に関してもCX-5の2.5LターボはLPackageからしかないのですが何とCR-Vのターボと価格スタートが10万円くらいしか違わなくほぼ同価格帯となります。それならCX-5の2.5Lターボの方が良いんじゃないのかって思うのが普通です。

CR-Vのハイブリッド車は最強だが

実はCR-Vのハイブリッド車は燃費的には最強です。実燃費は19km/L前後!

何とあの小さいC-HRのハイブリッド車と同じくらいの実燃費でホンダの2モーター式ハイブリッドはかなり高性能です。ただここでも価格がネックで378万円~のスタートで誰がこんなの買えるのか?的な車種になっています。

確かにハリアーも同価格帯でまさにハリアーにぶつけてきたのだと思いますが残念ながらそこまでのブランド力がCR-Vには無いのでさっぱり売れていません。しかし燃費で考えるならハリアーよりもCR-Vのハイブリッド車ですのでここは覚えておきたいところです。

さてCX-5はディーゼル車で対抗ということになりますが価格が良心的ですら思えます。XDは288万円スタートで最上級グレードのXD Exclusive ModeのFF車は365万円で何とCR-Vのハイブリッド車のスタート価格より安いときてます。これでCR-Vのハイブリッドを買う理由が無くなりました。ナッパレザーを付けてもCX-5のディーゼルが安いんです。

北米では圧倒的に売れているCR-V

最後にホンダさんの関係者の皆様がこれを見て機嫌が悪くなるだろうと思いますのでCR-Vの現実についてお話していきましょう。

実はCR-Vは北米ではすごい売れていて直近の2018年は約38万台も売れています。最も売れた乗用車のようです。北米で最も売れているのですから飛ぶように売れていると言っても過言ではないでしょう。それだけ大人気でしかも北米という世界一の市場で評価されているんですから相当に良質な車ですよね?

満を持して日本発売になったものの余り売れていないのは日本人が貧しくなったからでしょうね…。こればかりはしょうがありません。

さてCX-5は北米では健闘していて15万台くらい売れたそうです。マツダ全体でも30万台程の売上台数だそうですからCX-5はかなり売れた方だと思います。それでも日本では全く売れないCR-Vにはダブルスコア以上、もっと言えばCR-Vだけでマツダ全体の売上よりも上なのですから日本でのCR-Vの過小評価ぶりはただならぬものがあるなと個人的に思いました。

これは事実であり別にホンダさんに配慮したわけではありません。当然こういった情報も書くべきだとおもって書いたまでです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*