CX-5のことが分かるサイト

CX-5のことが分かるサイトです

今更、CX-5の初代型の中古車を買って良いのか?初代型は安いし・・・

time 2019/03/30

今更、CX-5の初代型の中古車を買って良いのか?初代型は安いし・・・

CX-5は2代目に切り替わっているのですが中古車で選ぶ場合は新型はまだまだ高いです。

更に言えば売る人が少なく試乗車のような新古車以外はほとんど出ていない状態と言っても良いでしょう。あってもすぐに売れてしまいます。

そういうことで初代型も有りなのでは?と考える方もいるでしょう。何より価格が安いというメリットがありますからね。2代目はまだまだ高いですし選べるほど中古車は多くありません。


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


今更、初代型のCX-5を買って良いのだろうか?

初代型のCX-5の中古車を買うのはぜんぜん有り!だと思います。

CX-5は古くてもまだ2012年式が一番古いのでまだ10年落ちにすらなっていない比較的新しい車種です。

また今なら2代目の方が人気が高く、初代型はお得に買えることが多いです。

Lパッケージでも200万円前半台で買えますし、走行距離も3万円キロ程度のものがありますね。

外観は新型に比べると落ちますがそこが気にならないなら問題ないでしょう。まだまだ乗れる車です。

初代型と2代目のエンジン構成は変わらない

初代型と2代目では見た目が結構違うように思える方も多そうですが、エンジン自体は特に変化はないです。

・2.2XD(ディーゼル)

・2.5Lガソリン車

・2.0Lガソリン車

ということでお馴染みのパワートレインとなっています。

2代目の方が気筒休止システムを採用したり、ディーゼルの静粛性が高まっているのは確かですがエンジン自体は全く違ったものにはなっていません。スカイアクティブXが登場するとまた違ってくるんでしょうが全くの新しいエンジンにはなっていません。

ですから中身が激変したというわけではないので初代型でも悪くないと思いますね。

初代型の前期モデルは注意か?

初代型の前期モデルはやけに価格が安いです。すでに100万円台になっていて格安で買えることも多いです。

ただ初代の前期モデル(マイチェン前)のディーゼルは特にリコールが多く、完成度が高くないので注意が必要です。

マツダに限らず多くの車種で最初のモデルはリコールが出ることは珍しくないです。今度出るスカイアクティブXについても「人柱になるよ」と言って何の情報もないのに予約をすでに入れようとしている人達がいるようです(Mazda3の話ですが)。

この初代の前期モデルのディーゼル車もスカイアクティブXのような挑戦的なエンジンだったと言えます。マツダがクリーンディーゼルを出して新しい分野を開拓しようとして発売したものです。これは結果的にはリコールは出したもののある程度の成功を収めましたので悪いものではないと言えるでしょう。

リコールが多発したのですが不具合についてリコール対応をしていますし自動車にとっては避けることができない話でしょう。

しかし敢えてこのモデルを買う(特にディーゼル車)必要はないと思いますね。

初代型を買うならディーゼル車でもガソリン車でもマイナーチェンジ後のモデルが良いと言えます。マイナーチェンジ後の後期型はフロントマスクが横ラインになっているタイプです。前期型はフロントがメッシュになっていて違いは明らかです。

こちらが後期型のCX-5

中古車のディーゼル車を買うのは勇気がいるかも?

CX-5と言えばディーゼル車ですが中古車のディーゼル車を買う場合はちゃんとしたところから買った方が良いです。よく言われるように煤が詰まっているものがあったりしますから、中を清掃されているのかとか前のオーナーがちゃんと走っていたのかなどいろいろ気を使う部分が多いです。

そこをしっかり点検して大丈夫な車を販売しているような信頼のおける中古車屋さんが良いでしょう。

ディーゼル車の中身は大丈夫ですか?と聞いても返答が曖昧だったり、よく分からないことを言ってくるところはNGだと思います。ほとんど手入れもなく「走行距離が短いから長く乗れますよ」的なセールストークだと心配です。

ディーゼルの場合は走行距離が行っていない場合はちょい乗りばかりの使い方だった恐れがあり煤が詰まっている可能性があるでしょう。そういった心配にも答えてくれるところで買うべきです。

ガソリン車に関しては特にありません。ただ過走行車は避けるべきですし、また10万キロ近い車は劣化が激しいのでこちらも総合的な走行距離もほどほどが良いです。年式×1万キロくらいがちょうど良いでしょう。5年落ちなら5万キロ前後という感じですね。ガソリン車の場合はそんなに走っていなくても大丈夫ですがディーゼル車は走らなすぎな車も注意が必要です。

down

コメントする