CX-5のことが分かるサイト

CX-5のことが分かるサイトです

CX-5の弱点は何か?これが許せれば買って良しだと思う

time 2019/03/31

CX-5の弱点は何か?これが許せれば買って良しだと思う

CX-5は人気がある、良い車だという評判ばかり聞くがそれって本当なのか?甚だ疑問だという方もいらっしゃるかと思います。

確かに評論家みたいな人に掛かればどんな車もべた褒めできるでしょう。車の知識が一般人よりも豊富ですからね。

しかしCX-5にだって弱点は多くあるのでこちらではフェアにその弱点について列挙していきます。もしもその弱点が許せれば(何でもなければ)買ってよしだと思います。


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


CX-5の弱点①ディーゼル車はちょい乗りばかりは駄目

CX-5のディーゼル車は燃費が良くてしかも燃料は軽油!経済的だわ♪とお考えのあなた、ディーゼル車の扱いはやや難しいです。

ちょい乗りばかりだと煤が詰まるので週1か週2でも長距離を走ってエンジンを高回転で回して下さい。アクセルを踏んでしっかりと走って下さい。

そんなことをしたらガソリン代が掛かるじゃないか!

そうなんです、ガソリン代が多く掛かるまでは言いませんが、ある程度走らせないとディーゼル車は駄目になってしまいます。

これが許せない、無理!という方はCX-5のディーゼル車は向いてないです。

CX-5の弱点②横幅が広すぎ

CX-5は横幅が1,840mmもあります。おいおい、ミリで言われても分かんねえよって思うかもしれませんが日曜のショッピングモールで駐車する場合は何か辛いレベルです。また道が狭い地域にお住まいの方ですと行き交うのにも苦労するレベルかと。

アテンザと同じ横幅があるのでCX-5は横に大きい車です。

縁石に乗り上げるまではいかないでしょうが、ホイールを知らぬ間にゴリゴリ擦っている場合もあるかもしれませんがそれは横幅が広くて車両感覚に慣れないと最初は大変でしょう。

俺は駐車が上手い、車両感覚が抜群で運転が上手いという自負がある方はどうということはないでしょう。

CX-5の弱点③マツダのブランド力はまだ弱い

「何乗ってるの?」

「マツダ」

「えーマツダかよー、トヨタじゃないんだ」

未だにこんな感覚の人もいます。トヨタが一番なのは分かりますがブランド力はそんなにあるのかなって思うんですよ。しかし昭和のおじさんにかかればマツダは未だに3流メーカーなのだそうでCX-5と言っても全く通用しません。

ブランド力は回復してきたマツダなんですがまだまだトップメーカーほどのブランド力を持つには至っていません。最近ではアウディやボルボのような高級ブランド志向を目指していると言われているマツダですが、今後に期待ですね。

現行のCX-5もまだまだ高級車とは言えないので昭和のおじさんからするとCX-5はどうやら丸っこい車のようです。CX-7とは違うんだけどな~って…。

CX-5の弱点④マツコネが見づらい、能力が低い

CX-5に限らず現行車のマツダ車のナビのディスプレイはマツダコネクト縛りになっています。

マツダコネクトとはディスプレイを含めたカーナビゲーションのことですが、こちらはディスプレイ自体は全車標準装備となっています。言ってみればインテリアの一部になっていて他メーカーは別個に購入しないといけないのでマツダの場合はお得と言えばお得です。

しかしこのディスプレイは大型ディスプレイが普通になっている今では画面が小さいです。老眼の人や目が悪い人には見づらいでしょう。ダッシュボードのセンターの真ん中にあるので大画面のディスプレイは難しいかもしれません。

かと言って他のディスプレイにすることはできないので悩みどころです。配線をもってきて外付けのような形で他のナビを付けることも可能かもしれませんが車内にディスプレイが2つもあるのはおかしいですし邪魔でしょう。

取り替えがきかないナビが強制的に付いてしまうのでここがネックでしょう。マツコネのカーナビゲーション能力も高いとは言えないのでここもやや不評です。

「俺にはスマホがあるし関係ねえ、マツコネなんて使わないし、勝手にしてくれよ」という方なら問題なそうです。

CX-5の弱点⑤視界が今一つ、後席も広くはない

CX-5はデザイン優先の車なので見切り、視界が今一つと言われることが多いです。

これはフォレスターなんかと比べるとハッキリしていて、スバルから乗り換える場合は視界がやや制限されるなと感じられることでしょう。

CX-5はまだ良い方で新型Mazda3なんかは後ろが非常に見辛いとすでに言われています。視認安全性とデザインの両立というのは難しいようです。

また後席もミドルサイズSUVとは言えそんなに広くはないです。しかし旧モデルには無かったリクライニングが付いたのでは新型はまだ良い方でしょう。ラゲッジルームはなぜか広めに取られていて、キャビンスペースをグッと縮めて見た目をシュッとさせたというところはあるんでしょう。

試乗してみて「これなら別に広いじゃん、ぜんぜん大丈夫」という場合には良いと思います。

CX-5は弱点は少ない方ですが

CX-5の売りは見た目、インテリアの質感、装備の割に安い、安全装備が良いなど多くあります。

中でもデザイン優先のために少なからず代償もあるということですね。5ナンバーサイズ希望みたいな人には向いてないです。

あとは機能性重視という方も難しいですね。CX-5は車性能(走る性能)は良いのですが、その他のユーリティー性、機能性は高いとは言えないでしょう。インテリアの装備とか美観は良いのですが、収納が良いとか室内が凄い広いとか便利な仕様だとかそういう部分では弱いのかなっていうところはあります。

down

コメントする